ライトラベラーの里

人生をちょっと豊かにする旅行とお得な金融情報を提供。

金融情報

新型コロナがもたらすパラダイムシフト

投稿日:2020年6月24日 更新日:

新型コロナウイルスの影響で、経営者の方は今後の先行きが見通しずらくなっているかと思います。そんな状況の中、今後のどうしたらよいか?について私見を述べたいと思います。

世界のパラダイムシフト

古くより、感染症の拡大により、世界な変貌を遂げてきました。人類の歴史上、最も大きな感染症はペストでしょう。ペストの流行により、ヨーロッパでは50-60%の人たちがなくなりました。農奴に依存した荘園制が崩壊、農奴解放により領主から商工業者に権力がシフトし、民主主義が台頭しました。また、労働人口減少により、賃金が上昇し、市民の生活水準は向上しました。風が吹けば桶屋が儲かる的な感じですね。

直近ではスペイン風邪です。スペイン風邪により大量の事象を捉えるための「統計学」発展しました。今回の新型コロナにおいてもコロナ前後で大きく働き方や生活は変わるでしょう。

Afterコロナ/Withコロナ

感染が落ち着いていない中で、先のことについて述べるのもあれかと思いますが、コロナを経て人々の生活や働き方は大きく変わります。てか既に変わっています。よく言われているのは「価値観」の変化に伴う「行動」の変化です。

切り口として、個人と企業でも分かれると思います。

まず、個人については以下が挙げられます。

  1. 消費:サスティナブルを意識した購買行動
  2. 交友:ソーシャルメディアを通じ、国境を越えた交友関係構築
  3. 職業:社会貢献度を重視した職業選択増加
  4. 人生:ローカルコミュニティへの帰属重視、身近な人の健康・安全第一

企業では、

  1. 存在価値:ブランドの維持
  2. チャネル:あらゆる商品・サービスがダイレクトに消費者につながる
  3. ワークスタイル:リモートワーク加速による社員のエンパワーメントを高める手法・ツールの導入

等の変化が起こっています。

個人や企業の価値観や行動が変われば、ビジネスチャンスも大きく変わります。個人向けの仕事、所謂B to Cマーケットでは、これまで以上にオンラインサービスの需要が高まります。これまでリアルを前提としていたライブ・映画館等のエンターテイメント、店舗による小売り、飲食店、そして移動の根幹である交通インフラ企業はコロナ収束後に従前のビジネス踏襲では成り立たなくなっています。但し、これはチャンスでもあります。同業他社の多くが取り組めていないということは競争環境が緩やかということです。

また、デジタル・オンラインシフトはどんどん進みますが、オフラインの店舗が要らなくなるかと言うとそうでもありません。デジタルリテラシーの低い高齢者や視覚障碍者の方々にとってオフライン店舗は不可欠な存在です。ただ、ここに新たな付加価値を持たせる必要があります。

AppleはiPhoneを自社サイト、家電量販店、携帯キャリアを通じて販売しています。単なる「販売チャネル」ということであればこれで十分です。にもかかわらず、AppleはリアルのApple Storeを持っています。最近は東京の丸の内にもできました。なぜ持つのか。一つは広告宣伝的な位置づけです。新型iPhoneの発売時には長蛇の列が報道される映像を見たことがあるはずです。これは大きな宣伝効果になります。二つ目は顧客にApple商品を体験してもらう場という位置づけです。スタッフがお客さんに対して一対一でついて、商品説明、操作、精算までをEnd to Endで担当してくれます。加えて、丸の内のストアではApple製品のプレゼンを通じた体験をすることができます。消費者はストアでの体験を通じ、Appleへのロイヤリティが高まり、今後もApple製品を使い続けてもらうことができます。

リアル店舗を単なる販売チャネルから顧客のロイヤリティ向上・ライフタイムバリュー向上につなげる装置への転換が必要で、以下のようなデザイン思考のフローで考えてみるといいと思います。

f:id:lightraveler:20200429184633p:plain

中国の事例

新型コロナ震源地の中国では、なんと不動産さえもECサービス化されています。恒大地産はリアルで内見することが前提であった不動産市場で、情報収集から契約締結まで全てオンライン化を実現し、従前以上の売上を記録しています。

最後に

現在、多くの企業が新型コロナで苦しい経営を強いられています。新型コロナへの対応のスピード感について政権批判の声は大きいですが、日本政策公庫や保証協会を通じた融資への対応は比較的早かったのではないかと思います。そうした緊急融資で当面の運営資金を確保し、その間にビジネスモデルの転換について徹底的に考えることが必要です。

-金融情報
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本のキャッシュレスは進んだのか?

2019年10月の消費増税とともに、キャッシュレス決済をした際の5%還元施策もスタートしましたが、予定通り2020年の6月に終了しました。本施策により、キャッシュレスは進んだのでしょうか。 目次1 日 …

日本の新興金融事業者のビジネスモデルは持続可能なのか。

ペイメントを軸とした事業法人による金融事業への新規参入や資産運用での新サービス等、IT技術やデータを活用することで金融周りが動いていますが、それがビジネスに直結するのかを考えてみます。 目次1 ペイメ …

【必見】コロナ禍で住宅ローンの返済に苦しむ方へ

コロナによる収入減で住宅ローンの返済に苦しいがどうしたらいいかわからない、という方のために、金融機関勤務者として開設します。 目次1 収入減による住宅ローン返済の苦境2 銀行への返済は最劣後3 無理の …

借りてはいけない住宅ローン

日本の歴史的にみても、現在は空前の低金利時代です。低金利を背景に、住宅ローンを借りる人も多いかと思いますが、結局どのローンを借りたらいいの?との疑問に対し、金融機関に10年超勤め、個人営業・法人営業・ …

ドコモ口座事件は何が問題だったのか

最近話題のドコモ口座事件ですが、金融機関勤務者目線で考察してみます。 目次1 ドコモ口座とは2 事件の概要3 ドコモ口座と連携している銀行4 ドコモと銀行のどちらが悪いのか5 最後に ドコモ口座とは …

人生をちょっと豊かにする旅行とお得な金融情報を提供します。
金融機関に勤務し、上海駐在経験有り。これまで出張や旅行で5大陸22ヶ国訪問。保有ステータスはANA:ダイヤ、デルタ:プラチナ、マリオット:プラチナ、IHG:スパイア、エクスペディア:シルバー